福岡 由記

2002年度静岡大学工学部卒業論文

静岡県における化学物質による環境リスクの評価

氏名:福岡 由記
所属:システム工学科前田研究室
指導教官:前田恭伸 助教授

1.はじめに

現代社会において様々な化学物質はなくてはならないが、悪影響を及ぼすものも少なくない。そこで我々人間や生態系に対してどのような化学物質が曝露、または摂取され、そしてそれらがどれだけのリスクを与えているのかを、対象地域を静岡県に限定して総合的に評価することを本研究の目的とする。PRTR(環境汚染物質排出・移動登録)で対象となっている化学物質354物質の中で排出量の推計に必要なデータが得られた80物質を評価対象とし、環境リスク評価システムCERA Siteを用いてリスクを評価する。しかし、PRTRデータは論文の執筆段階でまだ公表されていないため、PRTRの事前事業として行われた、平成12年度化学物質取扱事業所緊急実態調査、平成13年度PRTR対象物質の取扱い等に関する調査、平成13年度PRTRパイロット事業の結果から各化学物質の排出量を推計した。よって、本研究は実際にPRTRデータが公表されたときに対する予備的研究である。 PRTR保護対象はヒトと生態系(水棲生物、陸棲生物、下水処理場の微生物)である。さらに消費者曝露として経口曝露と経気曝露も考慮する。

 

2.リスク評価システムCERA Site

影山(2001)は、物質工学工業技術研究所(現・独立行政法人産業技術総合研究所)で公開された環境リスク評価システムCERAを、ユーザインタフェイスの改善等を目的に改良し、CERA Siteを開発した。インターネット経由で利用することもできる。本研究ではこのCERA Siteを用いて環境リスクの評価を行う。

CERA Siteにより評価される実行の流れは上図の通りである。曝露アセスメントで、推計した値や環境データからヒトに対する一日摂取量と生態系に対する予測環境濃度(PEC)が求められる。影響アセスメントでは選定した毒性データから生態系に対する予測無影響濃度(PNEC)が求められる。最後にリスク特性評価では以下の式で危険度と安全係数が求められる。安全係数で用いる無影響濃度は毒性データで選定した値、一日摂取量は曝露アセスメントで求められた値である。危険度は生態系に対するリスクを表し、安全係数はヒトに対するリスクを表す。危険度が1未満、また安全係数が1以上であれば理論的には安全であるといえる。

 

3.使用データ

排出量の推計には、PRTRを想定して行われた、平成12年度化学物質取扱事業所緊急実態調査、平成13年度PRTR対象物質の取扱い等に関する調査、平成13年度PRTRパイロット事業の結果を用いた。毒性データはPRTR制度データベース農薬データベース、IUCLID CD-ROM – YEAR 2000 EDITIONから、試験期間とデータの新しさを考慮して選定した。また、環境データは静岡県の地理的特性(面積や降水量等)を考慮した。

 

4.結果

下表は特にリスクが高いと評価された物質とその値である。これらの物質は、すでに各保護対象に対して悪影響を及ぼしている可能性がある。

<生態系に対する危険度>


<ヒトに対する安全係数>


 

危険度もしくは安全係数が赤色のものは、特に悪影響を及ぼしている可能性の高い物質である。また、物質名が緑色のものは農薬であり、これらの影響も少なからずあることがわかる。

 

5.結論

各保護対象に対して、影響している物質はそれぞれ異なることが明らかになった。また各保護対象に影響している物質はそれぞれ1~4物質と少なかったため、特定の化学物質の排出量削減がリスク低下につながるだろう。すでに悪影響を及ぼしている可能性がある化学物質の中には農薬もあり、これは農業が盛んな静岡県特有の結果といえる。しかし既往研究や様々な調査との比較から、今研究の結果の妥当性についてはさらに検討すべきである。また、近日公表予定のPRTRデータを用いることによりさらに実態に近く信頼性の高い評価がされると考えられる。

 

参考文献

静岡県環境保全協会: 平成12年度化学物質取扱事業所緊急実態調査報告書, 静岡県環境保全協会, (2000.11)
経済産業省:平成13年度PRTR対象物質の取扱い等に関する調査,http://www.meti.go.jp/policy/chemical_management/index.html(2001.10)
環境庁環境保健部環境安全課:平成11年度PRTRパイロット事業報告書, http://www.env.go.jp/chemi/prtr/h11pilot/houkoku11.html, (2000.8)